平成17年9月11日  「祭りじゃ、選挙じゃ!」

 またまた1ヶ月ぶりのご無沙汰でございま〜す♪ つーか、もう皆様、ほとんど更新に
 期待なんざ〜ぁされてないと思うんですけど、一応、スタッフ一同としましては、毎日、
 気にはしているワケでして、「今日こそはぁ!」と思いつつ、実際に行動に移すのが、
 だいたい1ヶ月に1回というありさまです、ハイ。(笑)

 さてさて、いよいよ今日は衆議院選挙ですなぁ。NHKの政見放送なんかを見てると、
 本当に「コレって、もしかして新喜劇ですかぁ?」と言いたくなるほど、お笑い系としか
 思えないようなアホな演説が多くて、ホントに呆れてしまった。

 まぁ、ここに集う皆様も、いろんな支持政党があるだろうし、具体的な政党名を出して
 コメントするのは控えるが、とにかく全般的に言えることは、野党の皆さんって、ホント
 夢だけはデカイのねえ〜ぇということである。「福祉をより充実させます」「一般家庭を
 苦しめる増税に対して断固反対します」「過疎地を無視した郵政民営化には、断固と
 して反対します!」などなど、素晴しい公約の数々なのだが、どこの政党もそれらの
 政策を実行するための財源の話だけは、なぜか一言も語ってはくれない。(笑)

 要するに、意中の女性にプロポーズする時に、「君を絶対に幸せにする」とか「キミの
 望みは、すべて僕が叶える!」とか言いながら、実はプー太郎だったりなんかする奴
 と同じで、何の根拠もなく大きなことを言ってるに過ぎないワケである。

 もっとも、万年野党の政党なんかは、どんなに大きな公約を掲げたところで、実際に
 政権を握ることはないんだから、絶対に「公約違反だ!」と、世間から攻められる心配
 がないので、安心して大風呂敷を広げられる。(笑) 早い話が「言ったモン勝ち」って
 ところである。

 それにしても、これだけスゴイ政党の中から、日本を任せられる政党を選ばなければ
 ならないなんて、本当に一種の拷問ではないだろうか? 以前、この徒然で提案をし
 たことがあるが、やっぱりこれからの選挙では、支持する候補者や政党を選ぶ方式で
 はなくて、「絶対にコイツだけは政治家になってもらいたくない!」とか「こんな政党が
 与党になったら大変だぁ!」と思う人や政党を記入した方がイイんじゃないだろうか?

 もしくは、支持 or 不支持のどちらかを記入し、開票に際して支持票と不支持票を相殺
 して、当選者を決めれば、少しは投票率のUPにつながると思う今日此の頃である。


                        back to the menu


©Knight Flight 2003. Presented By C-sama, Cap.Dan and Chocolist